契約前に知っておきたい!WIMAXの初期費用に関する知識

WiMAXの契約を考えている人が気になるのはやはり初期費用がどのくらいかかるのかという点だと思います。ここではWiMAXの初期費用とは、契約事務手数料、末端代について紹介していきます。

WiMAXの初期費用とは

WIMAXの初期費用とは契約した際に必要な費用のことで、契約時には料金プランに関わらず通常WiMAX利用料金がかかります。ただし初月料金についてはプロバイダにより日割り計算する所もありますし、キャンペーンで無料になるケースもあります。さらに初期費用には初月料金の他に契約事務手数料、端末代も発生することを理解しておいて下さい。

契約事務手数料はいくらか

WiMAX本家のUQコミュニケーションズは登録料、高額キャッシュバックキャンペーンで知られるGMOとくとくBBは事務手数料とプロバイダにより言い方は違ってきますがWiMAXを契約した際には3,000円の契約事務手数料がかかります。ちなみに契約事務手数料というのはプロバイダのスタッフが契約者情報の登録にかかる費用を指します。

端末代はどのくらいかかるのか

モバイルWiMAXルーターの通常価格は20,000円程と高額になりますが、プロバイダの中にはもっと安価で販売しているところやWiMAXキャンペーンの適用により無料なところもあります。例を挙げるとUQコミュニケーションズの場合は中古のモバイルWi-Fiルーターなら1円から販売価格を設定しています。ただ最新機種の場合は2,800円程かかります。あとUQコミュニケーションから回線を借りてWiMAXサービスを行っているMVNOの場合は集客目的で独自にWiMAXキャンペーンを実施しているので端末代を無料、もしくはかなりお得に購入することが出来るのでWiMAXの初期費用を抑えたい人は事前によくプロバイダを比較検討して下さい。

WiMAXの初期費用について

WiMAXの初期費用は初月料金、契約事務手数料の3000円、末端代を合わせたモノです。月額料金や末端代に関してはプロバイダーやキャンペーンによりかなり違ってきますので事前によく比較するようにして下さい。